風紋(ふうもん)

photo20170122_144356.jpg

 鳥取砂丘によく見られる自然現象の一つで、5、6m/s以上の風が吹き出すと形成される地表紋様です。強い風が吹いた早朝の行くと、まだ人に踏まれている可能性も低いので、容易に発見できます。

photo20170122_144417.jpg

 風紋は、砂の粒子の大きさの違いによって風に飛ばされる具合が異なるので、風向きと平行の紋様を作りながら、また風の強さの大小によって紋様の間隔を変えながら形作られます。