鑑賞する!

鳥取砂丘の見どころと言えばやはり砂の模様ですね。

その模様の種類をここでは紹介します。

・風紋
photo20170122_144354.jpg

photo20170122_144416.jpg
鳥取砂丘と言えばこの模様。砂丘の風景の中で、一番代表的なものでは?
風速5~6mの風によって、波の模様が砂一面に描かれます。
そしてこの波の模様は風向きによってその風向に沿った模様となります。
歩く方向から見て横だったり縦だったり…その日その日で変わります。

・砂簾
見ることができるのは、雨が降った翌日など。
砂粒が砂丘の急斜面を滑り落ち、遠くから見るとまるで、すだれのように見えます。
ゆえにこの名前がついたんですね。

・砂柱
photo20170122_144443.jpg

photo20170122_144501.jpg
冬の時期に見られ特徴のあるアートスティック敵な模様です。
嵐や吹雪、大強風の翌日に見られる屹立する砂の群れで、
雨風で砂の表面が侵食され、海に近い砂丘の中でよく見られます。
固さのある突起も特徴的で、霜柱の砂バージョンのような感じです。

四季を通しての鳥取砂丘をじっくりと観賞してみてはいかがでしょうか。

photo20170122_145424.jpg

photo20170122_145212.jpg

photo20170122_145121.jpg