転がる!

 鳥取砂丘ではみなさん、というか元気な観光客の方がよく転がっています。^^; あの急斜面でも地面が砂ということで、派手なわりにはあまり痛くもありません。確実に砂まみれになりますが…。

 前転の方もおられれば、さらにチャレンジャーな後転で転がる方もおられます。一般的には横向きに激しく下まで転がり落ちるパターンをよく見ますね。「鳥取砂丘ローリング」とか単に「砂丘ローリング」とか名前をつけて名物にもなっているようです。

 以上は自分の身体だけを使って転がる方法ですが、道具を使う方法としては、ニュージーランド生まれの「ゾーブ」や、ウォーターボールを使用するやり方があるかも知れません。

 鳥取砂丘の傾斜とその距離の長さ、そして安全な砂の上という柔らかい地面の特徴もあって、転がるという子供心をくすぐる思いっきり魅力的な遊びがここでは存分に楽しめます。

 しかしながら、他の一般の観光客の方への配慮や、砂まみれになること、また夏場の気温は40℃近くになり斜面も60℃ぐらいになることを踏まえ、必ず自他ともに安全確認を徹底しながら楽しんでくださいね。