登る!

 鳥取砂丘を登るといえば、あの馬の背をひたすら駆け上がるイメージがありますね。駆け上がるといっても最初だけで、途中からはほとんど歩きになりますが…。^^;

 このときに注意していただきたいのが、よくあるのですが本当に体調が悪くなってしまうことですね。普段運動していない方や、寝不足や二日酔いで来られる方、または夏場の暑い日などは熱中症等の危険があるのでくれぐれも無理は禁物です。

 鳥取砂丘馬の背を登りきると、爽やかな風と日本海を見渡す壮大な景色に思わず嬉しくなってしまいますが、あまりに性急にゴールを目指すといきなり気分が悪くなることがあります。

 ここで体調を崩されると、ヘリコプターを呼んで病院まで搬送しないといけなくなります。年に数回そうした出来事が発生していますので、鳥取砂丘での登りでは注意を要します。

 それと夏場の暑さ対策ですね。みなさん砂の感触を味わいたいために、靴を脱いで裸足になる方も多いですが、馬の背の南斜面、つまり観光客のみなさんが登られるメインの場所は、直射日光を受けて斜面が60℃近くの温度になります。

 お子様づれのお父さん、お母さんが、裸足で泣いているお子さんをついイライラして叱っている場面を見ることがありますが、火傷のおそれもありますので、その点注意してあげてくださいね。

 あと鳥取砂丘で登るアトラクションといえば、周辺の木々を利用した最近話題のアウトドアスポーツ、ツリーイング(ロープクライミング)ですね!鳥取砂丘周辺の木は特別に保護されている樹木も多いですから、勝手に登ることはできませんが、場所によっては砂丘を眺められて楽しい木登りになるでしょう。