ハンモック

 鳥取砂丘ハンモックというと、どこでやるの?という話になりますが、これもロープクライミングのページでお伝えしように、鳥取砂丘の周囲の木々の中が可能性として考えられます。

 夏場の木陰は意外に涼しいです。特に砂丘は風が吹きぬけますので、木陰と風でかなりくつろいだ感じになります。もちろん砂の上に寝転がってゆっくりするのもいいですが、ハンモックなどあると、かなり快適に過ごせます。

 国立公園の特別保護地区ということで、勝手になにかを設置するということはもろんできません。行政上の手続きや、管理者への了解など、解決すべきハードルは山のようにあります。

 それでもサンドボードのインストラクターのMさんが、苦労を重ねて鳥取砂丘サンドボードができるように段取りを進めて実現したことを考えると、粘り強さと方法次第では観光客の方に喜んでいただけるサービスができそうです。

 鳥取砂丘で風に揺られながら、潮風と波の音を聞きつつ、ハンモックの上で本を読みながらうたた寝をする…。なんとも幸せな光景ではありませんか?なんとかこの風景が実現できるように、頑張ってみたいですね!