らくだ

鳥取砂丘のらくだ

鳥取砂丘らくだは、冬のような寒い日でも、ほぼ毎日砂丘に出てきてお客さんを乗せて歩いてくれますが、雪、雨、強風などの悪天候には弱い面もあって、そんなときは小屋でおとなしくしています。

なのでどうしても鳥取砂丘でラクダ(馬車も)に乗りたいときには、事前に電話等して、確認しておいたほうがいいかも知れませんね。だいたい一回あたり10分くらい砂丘周辺を歩いてくれます。その際には、スタッフの方が横についていて、らくだをコントロールしてくれるし、解説もつきます。

よく見ていただくとわかりますが、「ひとこぶラクダ」と「ふたこぶラクダ」がいて、それぞれに特徴があります。モンゴルなどの寒いところ出身の毛の長~いふたこぶ駱駝は、日本の湿度の高い夏になると、すっかりバテちゃってますのでなかなか大変そうです。

逆にひとこぶ駱駝ちゃんは、エジプトなどの暑いところ出身のようで、暑い夏はむしろへっちゃらです。それぞれに人気が分かれるところですが、らくだを選ぶことはできませんので、スタッフの方の指示にしたがって順番に乗ってくださいね。

らくだにゆられて鳥取砂丘の景色を眺めるのは格別ですよ~♪
すっかりアラブのお姫様(王子さま?)の気分になれます。(*^^*)

【営業時間】AM9:00~PM16:00
【営 業 日】年中無休(悪天候時は休み)
【電  話】0857-23-1735
【遊覧時間】10分ほどの往復
【乗車料金】二人乗り…3,000円
      一人乗り…1,800円
      撮影のみ…100~500円